自称健康マニアのつぶやき ~アトピー体質改善~ 健康オタクの母親の元を巣立った途端、アトピーを発症。その後健康に目覚めアトピーを克服。子供アトピーにも対応し日々健康関連の研究は続いている。 

このページの記事目次 (カテゴリー: ガン免疫細胞療法 メディネット

total 2 pages  次のページ →  

「樹状細胞」に関する特許が欧州11カ国で成立 メディネット

   ↑  2012/03/20 (火)  カテゴリー: ガン免疫細胞療法 メディネット
夫の書き込みです。

なんと、まー久しぶりの癌免疫細胞療法のメディネットについてです。

2年ほど前の4万8千円前後をつけた以来の書き込みではないでしょうか・・・

あの時はとんでもない含み益が出たものでしたが、まだまだこんなものではないと考えてそのまま放置。

結果あの莫大な含み益が消えて、なんと含み損になってしまいました・・・

へたくそなんでまーいいです。それはさておきその間にもいろいろありました。目立ったものとしては、スタイマン博士がノーベル賞を受賞したことです。博士は世界で初めて樹状細胞を発見し役割を解明したことが認められ受賞となりました。博士の発見によりがんの免疫治療などさまざまな分野へ応用研究が広がり今があるわけですから素晴らしいことです。

今回この樹状細胞に関する特許を欧州11カ国でメディネットが確立したのです。

何でもビスホスホネートを用いて樹状細胞にガンマ・デルタT細胞の誘導能を発揮させるよう機能を強化するもので、これによりがん細胞を攻撃する細胞傷害性T細胞(CTL)を数倍~100倍多く誘導することができるみたいです。でもこれすでにメディネットが細胞加工技術として行なっていることですからどうなんでしょう?「樹状細胞」に関する特許が欧州11カ国で成立となってもあまりサプライズではない気がするが・・・でも特許が大切なんだろう。うん、うん。

強引に落ちをつけたところで。

樹状細胞ワクチン療法について少し。

樹状細胞ワクチン療法といっても幾つか種類があるようです。
手術などで取り出したがん組織を調製したものを樹状細胞に取り込ませ、それを再び患者さんの体内に戻す「自己がん細胞感作樹状細胞ワクチン療法」。患者自身のものなのでより正確。
人工抗原樹状細胞 ワクチン療法。 有名なテラのWT1ペプチド、 そしてメディネットはがん抗原をを樹状細胞に反応させるために「セル・ローディング・システム」と「ゾレドロン酸共感作法」(今回これ)という細胞加工技術を用いています。

興味のある方はメディネットのホームページで見てください。そして私の含み損が消えるように株価を上げてくだされば・・・
2012/03/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

がん 遺伝子療法

   ↑  2010/05/31 (月)  カテゴリー: ガン免疫細胞療法 メディネット
今日の鹿児島大・小戝教授ら

のニュースは 癌 遺伝子治療に素晴らしいことですね。

http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=24239

遺伝子療法 ワクチン療法 の問題点を克服した治療法のようです。

是非実用化されてほしいですね。

ちなみにメディネットも遺伝子治療技術を研究、発表しています。

http://www.medinet-inc.co.jp//images/admin/704_20090722_Gene%20therapy.pdf

この遺伝子治療に関して”免疫細胞療法総合支援サービスをコアとする細胞支援事業を展開しているメディネットが、がんに対する最先端集学的治療の確立に向けて、細胞医療の分野にとどまることなく取り組んでいるテーマの一つ”となっています。

期待しています。

FC2スレッドテーマ : 投資日記 (ジャンル : 株式・投資・マネー

2010/05/31 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

キラーT細胞 メディネット

   ↑  2010/05/30 (日)  カテゴリー: ガン免疫細胞療法 メディネット
今日の日本経済新聞で興味深い記事がありました。


http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E0EBE2E0E28DE0EBE2E7E0E2E3E29180EAE2E2E2;at=ALL

何か関係あるかと調べましたら、こちら

http://ccr.ccr.tokushima-u.ac.jp/kd/H18kd-pdf-close/180594.pdf#search='高浜洋介 メディネット'

そしてその動画が、これだと思います

http://www.medinet-inc.co.jp/service/service_00_movie.html

協力:徳島大学ゲノム機能研究センター 遺伝子実験施設 教授 医学博士 高浜洋介先生、と書いてあります。

ほかにどのような関係があるのかは分かりませんがいずれにしても免疫学には良いニュースだと思います。

是非これからも沢山の研究が行われ癌治療に、そしてメディネットにプラスになればと思います。


FC2スレッドテーマ : 株式日記 (ジャンル : 株式・投資・マネー

2010/05/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

癌 免疫細胞療法とは  メディネット

   ↑  2010/05/27 (木)  カテゴリー: ガン免疫細胞療法 メディネット
夫の書き込みです。

癌 免疫細胞療法とは? 少し私なりに調べました。

健康な人でも1日幾らかの癌細胞が生まれており、免疫機構が正常に働いているために、癌にならないでいられるとのことです。

しかし、何らかの要因で免疫機講が低下した場合、癌細胞の増殖を防ぐことができず発病してしまうらしいです。

なぜそうなるのか?

この免疫機構にはNK細胞が関係していますが、免疫力の低下した活性化されていないナチュラルキラー細胞は、ガンに対する認識能力・攻撃能力が著しく低下しており、あまり役に立たないのです。それどころか癌細胞は、増殖の過程で勢いを増し、どんどん強力になっていき。免疫細胞はどんどん弱くなっていくということです。

しかし癌細胞にとって非常に恐ろしいのは、発見能力・攻撃能力の高い活性化されたNK細胞です。

この点メディネットは免疫細胞の働きを人為的に大幅に強め、力のバランスを免疫の方に傾けることにより、がん細胞を排除、あるいは増殖を抑制するという治療法なのです。

ただホームぺージに在るとおり免疫細胞療法単独の場合、そのがん細胞自身が免疫細胞の力を越えて目に見える大きさのがんになっている場合、余程免疫細胞の力を増強しなければ、がんの進行を抑制することはできても、短期間でがんを縮小することはできず手術等でがんを可能な限り取り去り、その後に免疫細胞療法を行なうという方法を採ることが、最も合理的に一定の臨床効果を期待できると言えるそうです。

いずれにせよこの療法が認められ保険適用になれば第四の治療法となり 多くの患者さんにとって朗報となることでしょう。

FC2スレッドテーマ : 株式日記 (ジャンル : 株式・投資・マネー

2010/05/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

メディネットが下げ続ける

   ↑  2010/05/25 (火)  カテゴリー: ガン免疫細胞療法 メディネット
夫の書き込みです。

うーん今日も下げました。しかも強烈な下げ。

3万は割らないと思っていたがすんなり。

やはり25000付近のぽっかり開いた窓を埋めるのかも・・・

しかし地合いが悪い、悪すぎる。日経は300円近くの下げマザーズ指数はさらに悪し。

やはりこんな時は木を見ていてもだめみたいです、森を見ないと・・・

でも私は1株たりとも売っていません!

回転させればいいじゃんと思うかもしれませんが。へたくそなので無理です!

せめてもの抵抗は株主として持ち続けることです。

なぜ買ったのか思い出してみることです。

黒字転換、増収増益、ここの技術と将来性、ビックスケールです。

まだ含み益、含み損になっても持ち続けます。

あー 明日あがればいいなー。

FC2スレッドテーマ : 投資日記 (ジャンル : 株式・投資・マネー

2010/05/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |