自称健康マニアのつぶやき ~アトピー体質改善~ 健康オタクの母親の元を巣立った途端、アトピーを発症。その後健康に目覚めアトピーを克服。子供アトピーにも対応し日々健康関連の研究は続いている。 

このページの記事目次 ( ← 2014年06月 → )

total 3 pages  次のページ →  

酵母エキスは安全なのか?

   ↑  2014/06/16 (月)  カテゴリー: 無添加
化学調味料不使用と大きくかいてあるコンソメ
201406161937000.jpg

安心だわ~と思ってたけど・・・

裏の原材料を確認してみよう

201406161938000.jpg

そもそも酵母エキスとは?

名前からパット見、酵母・・・なんか自然な素材のような気がしてくる。

結構酵母エキスがはいっている「だし」は多い。

しかしこの酵母エキス調べると・・・

実際は逆で完全な化学調味料。

ビールの製造過程で出る廃液の酵母など、元々は産業廃棄物だった食品の残りカスに含まれる蛋白質に、

酸や酵素などを加え人為的にアミノ酸を作り出した調味料。

精製一歩手前の状態なので「化学調味料」とは呼ばずに、食品添加物として分類されているのだ。

また、その製造過程が明かされていないことが問題で、

人為的にアミノ酸を作り出すわけですから、例えば、苦味のあるビールの廃液は、

その苦み成分を取り除くために、水酸化ナトリウムが使われ、

そのアルカリを中和するために塩酸が使われていることもあるようです。

さらにさらに・・・・・
酵母菌からエキスを作るために、酢酸エチルを使う。

原料の酵母菌にも、X線・紫外線・ガンマ線・化学物質などの突然変異誘発物で、突然変異させている。

酵母の培養に肉汁やグルタミン酸ナトリウムを原料とした培養液を使う。


と信じられない現実があったのです。


知ってましたか???


さらに原材料に「たん白加水分解物」とのってます。

これはタンパク質を分解して作った「薬」・・・化学調味料より、ある意味もっと恐い、タンパク加水分解物。

その製法は、動物(肉)や植物(大豆等)のタンパク質を、

劇薬である「塩酸」などの強酸で分解して生成された物です。

アルカリを酸に変えただけの「タンパク質加水分解物」は、食品衛生法では「添加物」には該当しません。

あくまでも「食品」として扱われています。

「食品」以外は入っていないから「無添加」と表示しても問題ないということですが、発癌性も疑われています。


全然安心できない代物じゃないですか!!!


他にも紛らわしい誤解をうむのが「発酵調味料」

発酵されて作った良い調味料という印象を受けますが、

発酵調味料とは有害物の亜硫酸パルプ廃液を原料にして作られてた核酸系化学調味料のことです。


いまいちど、自宅にある調味料を調べてみてください。

ほとんどアウトだったああああ(泣)

2014/06/16 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |