自称健康マニアのつぶやき ~アトピー体質改善~ 健康オタクの母親の元を巣立った途端、アトピーを発症。その後健康に目覚めアトピーを克服。子供アトピーにも対応し日々健康関連の研究は続いている。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アトピー患者のためのステロイド離脱~脱ステロイド

   ↑  2010/12/07 (火)  カテゴリー: あとぴナビ
夫の書き込みです。

今回のあとぴナビ
に アトピー患者のためのステロイド離脱の正しい理解、という折込がついてきました。

医動物学教授 安保 徹 氏による論文が載せられているものです。

まずはじめにこんな一文があります。「体は間違わない、間違うのは人」アトピーの症状は、それ自体が「治癒反応」です。重みがある言葉だと思います。つまり、体は治りたいがために症状として警告を出している、ということではないでしょうか。

さて、内容としては

 なぜアトピー性皮膚炎が子供に多く起こるのか。

 アレルギー疾患を引き起こす原因と直接の誘引

 ステロイド外用剤はアトピー性皮膚炎を悪化させていく

 ステロイド離脱の実態
  
などです。


難しい内容で、真剣に読まなければ理解はできないと思いますが何度も読み返して理解したいという内容でした。

私自身アトピーではありません、しかしもし私がアトピーだったら間違いなくステロイドで治そうと思ったでしょう。

医師の勧めにそのまま従うと思います。事実、妻はステロイドをそのまま使いアトピーを悪化させたのです。

ステロイド恐るべしです。

ステロイドに疑問を感じ、脱ステロイドをする人が多いですが、妻も短期間とはいえステロイドを使用し、その後脱ステロイドを行ないました。

私はその過程をみてきましたが、かなりの症状でした。(おばーちゃんみたいになっていました)

そうなる前に、使わないのがベストだし、気づいたら即行動してほしいと思います。

長期間使えば使うほど、そして内服のステロイドはさらに強力です。リバウンドは強いしその後完全にステロイドが離脱するまで大変なのです。

他にも大切な点として子供は成長抑制さえあるといいます。

こうした論文はぜひともアトピーで苦しみステロイドを使用して、何か違和感を感じている方に読んでいただけたらよいのではないかと思います。

毎号あとぴナビ
を読みますが、大変良い勉強になりました、もちろん自分の子供にも使わせたくないと強く思いこれからもそうするつもりです。





アトピー性皮膚炎に有益な無料情報誌会員無料!あとぴナビ!はこちらから。

さらに無料口コミ交換サイトアトピー治療!先輩ママの口コミ集はこちらから。

FC2スレッドテーマ : アトピー性皮膚炎 (ジャンル : 心と身体

2010/12/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: アトピー患者のためのステロイド離脱~脱ステロイド

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。