自称健康マニアのつぶやき ~アトピー体質改善~ 健康オタクの母親の元を巣立った途端、アトピーを発症。その後健康に目覚めアトピーを克服。子供アトピーにも対応し日々健康関連の研究は続いている。 

上唇小帯治療で健康オタクの歯医者さん?に

   ↑  2012/01/30 (月)  カテゴリー: 未分類
我が子は3歳児検診のときに上唇小帯を指摘された。
もし、小学生まであったら、切開するかもしれないが様子を見ましょうと・・・

上唇小帯(じょうしんしょうたい)は、上くちびると歯ぐきとをつないでいる「すじ」です。
2歳未満ではこの小帯が太く、歯ぐきの頂上から上の前歯の間に割り込むようにまわりこんでいる場合が多く、これは正常です。1歳6か月児健診などで指摘されることがありますが、よほど極端なものでなければ心配なく、乳幼児期に切除する必要はありません。年齢と共に付着位置が歯ぐきの頂上から降りてくるのが普通です。

と、調べればあったが

 小学生になってもこの筋が一向に変わらず、この筋のせいで、前歯に隙間がおもいっきりでき、スキッ歯になっていたのである。

 しかし、切開と聞くと本人も恐いし、「スキッ歯のままでいい」なんていう始末。

いい歯医者があれば・・・と思ってはいたものの、ずっとほっといたのだが、先日、友人から聞いて、よさそうな歯医者だと思えたところがあったので早速行ってみることにした。

決め手は、儲け主義0の、本当に歯にとって一番いい治療をしてくれる感じが伝わってきたのと、
友人いわく「院長先生ね、健康おたくっぽいからそういう話が出たらふんふんと聞いてね・・・白い食べ物知ってる?牛乳だめとか・・・そういう先生だからまあ気にしないで・・・」

え~私の主義と一緒じゃないそういうこと気にしている先生なら間違いない

さらにホームページをみると・・・歯医者だけど

歯科医療を通じて皆さまの健康をサポートすることはもちろん、併せて健康維持に欠かせない食事に関するアドバイスも実施しています。近年、“食育”という言葉がテレビや雑誌などで取り上げられ、食事に対する皆さまの意識も高まってきていますが、まだ「一般的になった」とはいえない現状だと感じています。
なるべく身体に良い物を食べるという心構えは大切ですが、現代人の食生活において「身体に悪い食べ物を一切口にしない」というのは無理があるのです。そこで“食育”が必要になってきます。食育は全身の健康維持に役立ち、同時に口腔内の健康維持にもつながります。逆をいえば「口に異常があるから、口だけを治療する」のではなく、食育によって全身の健康維持すること。それがイコール“本当の健康維持”になるのだと考えます。

な~んて書いてあり、山田 豊著作の本などが紹介されていた。すばらしいじゃな~い

うっ・・・読んでみたいきっと歯医者にいけば、待合室に置いてあるだろうと思いつつ、

行ったらありましたよ・・・


ちなみにホームページで紹介されてた本は 脳がよみがえる断食力

待合室にあったのは 食べない人は病気にならない 脳と細胞を最大に活性化させる生活術

体を守る栄養百点満点の健康法 正しい食事のとり方、毒の落とし方

とりあえず、手にして読んだのは 食べない人は病気にならない  を超速読で一気に目を通していった。

私の中では、すでに実践してることばかりで、やっぱりそうだよねという再確認する上でもよかったです。

強烈だなと思ったのは、牛乳について「百害あって一利なし」と断言してましたし、

いい油と悪い油についても詳しく説明されていました。

「まごわやさしい」の食べ物のを積極的にとるといいというのは有名ですけど、

「おかあさんやすめ」の食事はだめとか つまりオムレツ カレーライス サンドイッチ ヤキソバ スパゲティ メダマヤキ 簡単にできるから食卓に上る頻度も多いことが指摘されてました。

そしてデトックス法や、食事の効果的な摂取仕方とか、これ読めば、生活の何かしら改善点がみつかり、即実践でき、明日への自分の健康につながっていくと思います。

肝心の歯ですが、丁寧にまた子供を恐がらせることなく治療してくださり、大満足でした。

麻酔して、電気メスで切り、4針縫って一週間後抜糸です。治療自体はすぐ終わりますし、食べ物も麻酔が切れたら、普通に食べれますし、場所的に会話しても見えない位置ですので誰にもわかりません。

麻酔後少し痛いみたいですが、一応痛み止めの薬がでますし、うちの子は薬を嫌がり飲みませんでしたから、耐えられないほどのものでもなく、ご飯もしっかり普段どおり食べてましたから、そう気構えなくても平気でした。

体の健康と口腔内の健康のつながりも大いに関係があるというのは意識改革になりました。

FC2スレッドテーマ : 歯科治療 (ジャンル : ヘルス・ダイエット

2012/01/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 上唇小帯治療で健康オタクの歯医者さん?に

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback