自称健康マニアのつぶやき ~アトピー体質改善~ 健康オタクの母親の元を巣立った途端、アトピーを発症。その後健康に目覚めアトピーを克服。子供アトピーにも対応し日々健康関連の研究は続いている。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

「樹状細胞」に関する特許が欧州11カ国で成立 メディネット

   ↑  2012/03/20 (火)  カテゴリー: ガン免疫細胞療法 メディネット
夫の書き込みです。

なんと、まー久しぶりの癌免疫細胞療法のメディネットについてです。

2年ほど前の4万8千円前後をつけた以来の書き込みではないでしょうか・・・

あの時はとんでもない含み益が出たものでしたが、まだまだこんなものではないと考えてそのまま放置。

結果あの莫大な含み益が消えて、なんと含み損になってしまいました・・・

へたくそなんでまーいいです。それはさておきその間にもいろいろありました。目立ったものとしては、スタイマン博士がノーベル賞を受賞したことです。博士は世界で初めて樹状細胞を発見し役割を解明したことが認められ受賞となりました。博士の発見によりがんの免疫治療などさまざまな分野へ応用研究が広がり今があるわけですから素晴らしいことです。

今回この樹状細胞に関する特許を欧州11カ国でメディネットが確立したのです。

何でもビスホスホネートを用いて樹状細胞にガンマ・デルタT細胞の誘導能を発揮させるよう機能を強化するもので、これによりがん細胞を攻撃する細胞傷害性T細胞(CTL)を数倍~100倍多く誘導することができるみたいです。でもこれすでにメディネットが細胞加工技術として行なっていることですからどうなんでしょう?「樹状細胞」に関する特許が欧州11カ国で成立となってもあまりサプライズではない気がするが・・・でも特許が大切なんだろう。うん、うん。

強引に落ちをつけたところで。

樹状細胞ワクチン療法について少し。

樹状細胞ワクチン療法といっても幾つか種類があるようです。
手術などで取り出したがん組織を調製したものを樹状細胞に取り込ませ、それを再び患者さんの体内に戻す「自己がん細胞感作樹状細胞ワクチン療法」。患者自身のものなのでより正確。
人工抗原樹状細胞 ワクチン療法。 有名なテラのWT1ペプチド、 そしてメディネットはがん抗原をを樹状細胞に反応させるために「セル・ローディング・システム」と「ゾレドロン酸共感作法」(今回これ)という細胞加工技術を用いています。

興味のある方はメディネットのホームページで見てください。そして私の含み損が消えるように株価を上げてくだされば・・・
2012/03/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 「樹状細胞」に関する特許が欧州11カ国で成立 メディネット

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。