自称健康マニアのつぶやき ~アトピー体質改善~ 健康オタクの母親の元を巣立った途端、アトピーを発症。その後健康に目覚めアトピーを克服。子供アトピーにも対応し日々健康関連の研究は続いている。 

便秘を穏やかに改善する作用のある健康食品を開発

   ↑  2012/03/26 (月)  カテゴリー: 健康関連ニュース
夫の書き込みです。

タイトルどうりのニュースです。 引用
岐阜薬科大学(勝野真吾学長)と健康食品・医薬品メーカー「アピ」(岐阜市、野々垣孝彦社長)は、東南アジア原産の希少植物「沈香(じんこう)」(ジンチョウゲ科)の葉を原料にした、便秘を穏やかに改善する作用のある健康食品を開発したと発表した。今後、「岐阜発」の健康食品として商品化を目指すほか、国の特定保健用食品の認可も視野に入れる。

便秘を穏やかに改善するんですね、何がこれいいのでしょうか?

最近慢性的な便秘で悩む女性や高齢者が増えているそうです。そのような方たちはどんな方法で便秘の改善をはかると思いますか?

一つの方法は便秘改善薬を用いることです。そしてもう一つはより自然な形の方法でビフィズス菌や食物繊維などを採ることです。

でもこれらは副作用があったり、効いてるのかどうかわからない、といった問題があるようです。

便秘改善薬の場合は刺激性下剤が大半で、下痢や腹痛などを伴います。しかも薬剤に頼るようになると腸の機能がさらに低下し薬にますます頼るようになるようです。それを長期にわたって使用するとなると・・・薬スイッチです、不安を感じますよね。

自然な形の方法で、ビフィズス菌や食物繊維などを採ることはどうでしょうか?効果がある人もいるが効果が全くない人もいる、しかも即効性が欲しいのにマイルドすぎる。

そこで今回のニュースなんですね。 以下引用です
沈香葉に含まれるゲンクワニン配糖体が活性成分であることが判明し、同時にそのエキスにおける便秘改善作用、用量・安全性を確認した。この活性物質、ゲンクワニン配糖体は、腸の筋収縮を作動させるアセチルコリン受容体に働きかける特徴があり、蠕動運動を穏やかに促進し便秘を改善する作用がある。この特徴を生かし、下痢などの副作用が極めて少ない便秘改善作用を持つ機能性食品を提供することが可能になったと言う。
今回の開発成果は、ゲンクワニン配糖体の持つアセチルコリン受容体への刺激によって排便を促すもので、結腸ではなく回腸に刺激を及ぼす効果が確認された。結腸の収縮は腹痛を伴うが、回腸の収縮は痛みがほとんどない。こうしたことから、沈香葉エキスは腹痛という副作用の少ない便秘改善作用があることが明確になった。

腹痛がない、しかも効果があるのかないのか分からないのではなく、はっきりと便秘改善に効果があるのです。いいニュースですよね。しかもお茶のような飲料やサプリメント素材として便秘改善効果が期待出来る食品として販売するそうですので要チェックです。


2012/03/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 便秘を穏やかに改善する作用のある健康食品を開発

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback