自称健康マニアのつぶやき ~アトピー体質改善~ 健康オタクの母親の元を巣立った途端、アトピーを発症。その後健康に目覚めアトピーを克服。子供アトピーにも対応し日々健康関連の研究は続いている。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

コウケントーに学ぶアトピー治療

   ↑  2012/04/02 (月)  カテゴリー: コウケントー
夫の書き込みです。

最近うちの健康マニアにすっかり洗脳されつつある私ですが、こんな本を読むようになりました。
可視総合光線療法 遺伝と光線です。以前は「光線で治ったら苦労しないよー」なんて言ってたのだが、今は「これどう言うこと?」などと質問するほどです。

読み進めていてこれはアトピー性皮膚炎にいいのではないかということを紹介したいと思います。(この当時アトピー性皮膚炎というものが知られていなかったようで項目そのものががない)

それは皮膚病治療中の心得というものです。

1.かゆい皮膚病の場合は、患部または患部の付近を絶対に掻かない。
  これはアトピー性皮膚炎のときにも当てはまります。かきむしるとせっかくできた皮膚バリアが壊れてアレルゲンが進入しやすくなり、さらに悪化するのはよく知られています。
 それで私が「かいちゃだめなんだね」と健康マニアに言うと「あたしゃかきまくったよ」という心無いお言葉をいただきました。「かゆい時はかいて悪いもの出せばいいんだよ」とさらにたたみかけてきます。(これで治ったので文句が言えません)

2.光線治療中は塗布剤を使用しないほうがよい。
  本気でやめようと思ってからはステロイドもプロトピックも一切使用せず。
  娘にも一切使用せず。

3.石鹸を必要以上に使用しない。また入浴しても決してタオルなどで患部を刺激しない。ただし入浴はなるべく避ける。
  入浴に関してはアトピー性皮膚炎の場合よく温まって老廃物を出すことが勧められているので、毎日入っています。でもこの「石鹸を必要以上に使用しない」というのは当てはまるようで石鹸によって体の脂が取れてしまうと、保湿できなくなり→かさかさ→アトピー性皮膚炎が悪化。それで娘は毎日風呂に入りますが、体を泡で洗うのは一週間に一回です。おかげでよくなってきています。

4.刺激性の飲料または食料、喫煙などを避ける。
  お酒を飲んだり、辛いものを食べると血の巡りがよくなってかゆくなりますからねー。
  タバコはもちろんアトピー性皮膚炎にNGです。

このようにコウケントーによる皮膚病治療中の心得というものも、アトピー性皮膚炎治療の参考になりますのでさらに「これはいい!」というものがあれば経験談と共に紹介していきたいと思います。





アトピー性皮膚炎に有益な無料情報誌会員無料!あとぴナビ!はこちらから。

さらに無料口コミ交換サイトアトピー治療!先輩ママの口コミ集はこちらから。

FC2スレッドテーマ : アレルギー・アトピー (ジャンル : 育児

2012/04/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: コウケントーに学ぶアトピー治療

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。