自称健康マニアのつぶやき ~アトピー体質改善~ 健康オタクの母親の元を巣立った途端、アトピーを発症。その後健康に目覚めアトピーを克服。子供アトピーにも対応し日々健康関連の研究は続いている。 

ステロイドは蓄積する?~科学的根拠~

   ↑  2012/06/09 (土)  カテゴリー: アトピー性皮膚炎
夫の書き込みです。

先回、ステロイドは蓄積する~体験談~で経験者のインタビューを通して確かにステロイドは蓄積していくことを書いたのですが、これだけでは証拠としては弱いので、今回は科学的根拠として学んだことをお知らせできればと思います。

皆さんご存知の通り私たちの皮膚は水をはじきます、これは角質層が皮膚バリアを形成しているからです。しかしこの角質層はよくできたもので、油に溶けた物質を皮脂腺を通して吸収しやすいという特徴もあるようです。

この働きの為にステロイドも皮膚に塗ると体内に吸収されていくのです。

問題はこの吸収されたステロイドが、役割を終えても全てが排出されないことにあるようです。

私たちの自然治癒力、副腎皮質ホルモンは、濃度が調整されているのできちんと排出されていきます。

しかし人工的な副腎皮質ホルモン(ステロイド)は、先ほども述べたように皮膚から大量に吸収されていきます、尿として排出されたり、肝臓が分解して排出してくれれば良いのですが、定期的に、大量に吸収されるので間に合いません。

結果、ステロイドは酸化し排出されないので蓄積されていくのです。

では実際に蓄積されているというどんな証拠があるのでしょうか?

それは先回も紹介した、生理学博士 吉野丈夫 著の最新版 アトピー悪化への道・治癒への道―検証ステロイド薬害 VS HMS(ハミス)に詳しく述べられていました。

博士はステロイドを使用していた4人の皮膚から落ちる皮膚の成分や、リバウンド時の皮膚からの滲出液を集め分析したようです。それぞれステロイドをやめて1~3週間後と2ヵ月後のものだそうです.

結果は・・・過酸化資質の異常な高値を計測したようです。

普通の人の正常値は20~30nMOL/資質g

しかし4人はそれぞれ833.3 1866.7 948.6 723.2となったようです。なんと普通の人の29~75倍というとんでもない数値だったのです。(ステロイド開始時期や使用ステロイドなど詳しくはアトピー悪化への道・治癒への道をご覧ください。)

そしてこの結果から博士は2つの結論を導き出しています。

①、ステロイドは蓄積する
②、リバウンドとは、細胞が生き残りたいがために、皮膚から過酸化皮質(酸化ステロイド)を排泄しようとする自然治癒反応である。

(この結果を見て突然ステロイドをやめるのは非常に危険だそうです、注意してください)

私もこの結果を見たとき数値の異常さに目を疑いました、しかし健康マニアの「納豆臭いにおいがした」の一言がありましたので妙に納得したりもしました。こんなにも蓄積されるのか・・・

どうでしょうか、確かにこうした証拠を見ると「ステロイドは蓄積する」といえるのではないでしょうか

そしてこうした証拠から、最近私は「ステロイドは適切に使う」ではなく「使ってはいけない」に考えが変化しました。

しかし最近読む書籍が、脱ステロイド関係のものばかりなので偏った情報になっている恐れもあります、それで今度はステロイドの使い方やステロイドは安全、というような書籍を読んで本当のところを見極めていきたいと思います。

ところで、脱ステロイドと共に語られることが多いのは脱保湿です、これはいったいどういうものなのでしょうか?

次回はこの点を紹介できればとおもいます。





アトピー性皮膚炎に有益な無料情報誌会員無料!あとぴナビ!はこちらから。

さらに無料口コミ交換サイトアトピー治療!先輩ママの口コミ集はこちらから。

お勧めアイテム
2012/06/09 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: ステロイドは蓄積する?~科学的根拠~

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback