自称健康マニアのつぶやき ~アトピー体質改善~ 健康オタクの母親の元を巣立った途端、アトピーを発症。その後健康に目覚めアトピーを克服。子供アトピーにも対応し日々健康関連の研究は続いている。 

アトピー性皮膚炎を慢性化させる理由と原因たんぱく質を特定

   ↑  2012/06/13 (水)  カテゴリー: アトピー性皮膚炎
まずこちらのニュースをご覧ください。サイエンスポータル編集ニュース

朗報ですね!

アトピーが悪化し長引く仕組みと、原因となるたんぱく質が特定されたようです。

最初の原因はやはりアレルゲンとなるもの、(ダニやハウスダスト)、人によっては食べ物が体内に入る事によって始まる。→そしてその際に活性化した免疫細胞から分泌された物質が刺激となってペリオスチンが作られる。→そしてそのペリオスチンがタンパク質「インテグリン」と結合することで炎症を起こす。

多分こういう理解でいいと思うんですが・・しかし炎症を起こす、これは人体の正常な反応として起きるものなのだろうか、そもそもなぜこんな物質ができてタンパク質と結びつき炎症を起こすのか、不思議だ・・・

とにかく、アレルゲンが体内に入ることが最初の原因であることに変わりないが、そこからどのような仕組みで炎症が起きるのか解明されたということだと思います。

しかしさらに興味深いのは「ペリオスチンがインテグリンと結合することによって新たな炎症誘発性物質が産生され、抗原がなくても症状が継続して慢性化する「悪循環」の仕組みを突き止めた。」-これです。

様々なアレルゲンをシャットダウンしてもなかなか炎症が引かない、なかなかアトピーが良くならない・・・これが理由だったんですね。でも逆に、何をしても(いろいろな治療法や薬を使うこと)炎症誘発性物質が産生されている限り、症状を穏やかにすることしかできないのですかね?

で、その後にこう続いています。「マウスを使った実験で、ペリオスチンとインテグリンの結合を阻害したところ、アトピー性皮膚炎は起きなかったという。」

この二つの物質が結びつかなければ、アレルゲンが侵入してもアトピーにはならないということですよね?

これはすごい!

是非これらの物質が結びつかないような方法や新薬を開発してほしい!

ステロイドもプロトピックも副作用が問題となっていますので、副作用が全く無いもの、そしてアトピー性皮膚炎をすぐ根治するものができればいいですね。



FC2スレッドテーマ : アレルギー・アトピー (ジャンル : 育児

2012/06/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: アトピー性皮膚炎を慢性化させる理由と原因たんぱく質を特定

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback