自称健康マニアのつぶやき ~アトピー体質改善~ 健康オタクの母親の元を巣立った途端、アトピーを発症。その後健康に目覚めアトピーを克服。子供アトピーにも対応し日々健康関連の研究は続いている。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アトピー性皮膚炎にステロイドは安全か?

   ↑  2012/06/16 (土)  カテゴリー: アトピー性皮膚炎
夫の書き込みです。

先回、ステロイドは蓄積する~経験談~と~科学的根拠~の2つについて書き込みましたが、情報が偏ってはいけないので、ステロイドを安全にかつ適正に使用することを勧めている先生の書籍を今度は読んでみました。

それは 五十嵐 敦之 先生のアトピー性皮膚炎 (専門のお医者さんが語るQ&A)という書籍です。

まず学べたのはステロイドの基本的なことです。

皆さんもご存知のようにランクが5段階に分けられています。
 弱い 中間 強い 非常に強い 最も強い の5段階です。

そしてステロイドの作用は4つ。
 1、血管収縮作用
 2、抗炎症作用
 3、免疫抑制作用
 4、細胞増殖抑制作用
 この4つですが、まとめると抗炎症作用に重きが置かれています。

では本題ですが、ステロイドは安全なのでしょうか?

興味深いのは先生も副作用はあると認めていることです、薬なのだから当たり前、大切なのはいかに副作用を抑えて薬を使うかが大切である、と。

どんな副作用なのでしょうか?

内服のステロイドは全身的な副作用があり、血圧の上昇、糖尿病の誘発、骨粗鬆症、高脂血漿、ムーンフェイス、などなど。→全身への副作用があるので原則、内服のステロイドは行なうべきではない。

外用剤は局所的な副作用がある。 皮膚の萎縮、毛細血管拡張、皮膚線条、多毛、紫斑、酒さ様皮膚炎、細菌感染症、色素沈着、などなど。しかし外用剤の場合は皮膚だけで効果を発揮する工夫されていて、皮膚から血液中に吸収されると、酵素の働きで分解され全身的な影響は出にくくなっているそうです。

このことからするとステロイドは蓄積はしません。生理学博士 吉野丈夫 著の最新版 アトピー悪化への道・治癒への道―検証ステロイド薬害 VS HMS(ハミス)と真っ向から対立するのです。

そして先生は脱ステロイドは根拠がないとめったぎりです。

①適切のランクのステロイドが用いられていない
②指示どうり外用がされていない
③改善が不十分なうちに使用をやめてしまった

結論として、アトピー性皮膚炎は薬によって皮膚の炎症をうまくコントロールしながら、上手に付き合っていくべきもので根本的な治療はまだない、だからステロイドをやめると症状は確かに悪化する(それはどんな薬物療法とも同じ)それなのになぜ依存症といわれるのか、と。

先生の言われることもわかります、薬で症状を抑えて生活しなければダメな病気なのに、薬をやめたら悪化するのは当たり前。でも、でもなのです・・・アトピー性皮膚炎の方の多くは病気と付き合っていきたいのではなく、根治したいんです。

情報を取り入れて判断するしかない我々は一体何を信じればいいのでしょうか?

ステロイドを使うべきか、使うべきではないのか・・・難しい、しかしステロイドで大変な思いをした家族を持つものとしてはやはり脱ステロイドですかね。

ところでこの書籍はアトピービジネスと呼ばれる、私たちが気をつけなければいけない点も取り上げています。次回はそんな点を紹介できれば・・・。





アトピー性皮膚炎に有益な無料情報誌会員無料!あとぴナビ!はこちらから。

さらに無料口コミ交換サイトアトピー治療!先輩ママの口コミ集はこちらから。

お勧めアイテム

FC2スレッドテーマ : アレルギー・アトピー (ジャンル : 育児

2012/06/16 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


はじめまして
コウケントーで検索していて
上部頚椎カイロ
アトピー 
と今の悩みにぴったりはまってしまいましたw
話すと長いんですが、
小学生の子供の長期の頭痛で病院→整体→背骨矯正→上部頚椎カイロ→コウケントー(借り物) をお試し中なところです
下の子がアトピーで、ひどくはないのですが薬を使うときは非ステロイドです。こちらもコウケントーも試したいのですが
内ひじで当てにくいのと、長くじっとしてられないです笑。
過去の記事も読ませてもらいますね。

ramune |  2012/06/18 (月) 23:03 [ 編集 ] No.24


Re: タイトルなし

はじめまして。コメントありがとうございます。
コウケントーでは様々な分野で助かり愛用してますが
アトピーの対処としてのコウケントーは長期かかると思います。
予防接種の害としてアトピーになっていることもあるので
毒だしをするとぐっと改善しましたよ。
毒だしの記事も載せてありますので読んでみてください。

ホペッツ |  2012/06/19 (火) 09:51 No.25

コメントを投稿する 記事: アトピー性皮膚炎にステロイドは安全か?

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。