自称健康マニアのつぶやき ~アトピー体質改善~ 健康オタクの母親の元を巣立った途端、アトピーを発症。その後健康に目覚めアトピーを克服。子供アトピーにも対応し日々健康関連の研究は続いている。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アトピー性皮膚炎のカビ、ダニ対策

   ↑  2012/06/25 (月)  カテゴリー: アトピー性皮膚炎
夫の書き込みです。

アトピー性皮膚炎の対策に必要な段階の一つに、生活環境を整えることが含まれます。

それにはアレルゲンとなるカビ、ダニを少なくすることが必要です。

ではそのためにどんな対策ができるのでしょうか?

まず「カビ」対策です。
  
  「カビ」-アトピーだけでなく気管支喘息、アレルギー性鼻炎にも関わってきます。特徴はちょうど梅雨の時期などの雨の日が続いた後に、症状が悪化します。その場合はカビを疑ったほうがいいかもしれません。

  対策としては。
   1.家の中のカビを除去
   2.加湿器ではなく除湿機を使う
   3.よく換気する

こうした対策により家の中のカビはかなり減らすことができ、アレルギー症状は緩和されるでしょう。

次に「ダニ」対策です。
 
  「ダニ」-ダニの中でもヒョウヒダニが原因となるようです。温度20~25度、湿度70~80以上で増殖します。

   それで

   1.湿度が関係しますので、ここでも加湿器ではなく除湿機を使います。
   2.掃除を徹底します 
     布団だけでなくカーテンやソファー、布製品などに掃除機をかけます。
     1メートル四方に20~30秒かけて掃除機をかけるとダニは10分の一に減るようです。

「そんなの当たり前」、といわれるかもしれません、が

問題となるのは掃除機の排気なのです。
 
どういうことかというと、まず掃除機がダニや死骸、糞などを吸い込みます。そして掃除機の排気がそれらをばら撒くのです。特に排気循環式が汚い排気を出し、高性能フィルターのHEPAフィルターを搭載したモデルでも、HEPAフィルターを通らずに周りから排気が出てしまい、空気を汚すのです。使うな、危険!を参照してください。

つまり、掃除をすればするほど空気は汚れ、アレルゲンだらけの空気となり、症状は悪化するのです。

ではどうするか?

排気が汚れない掃除機を使えばいいのです。使うな、危険!によるとこの分野ではスウェーデンのエレクトロラックス社のElectrolux クリーナー オキシジェン Z5954が圧倒的にいいようで、掃除すればするほど空気はきれいになるようです。

実際、本で紹介して、使われた方から「喘息やアレルギーが軽くなった」との感謝状まで来たようです。

効果あるんですね、でも輸入物の新しい掃除機を買うとなるとかなり高価なので、ひるみますよね。

ではどうするか?

非常に原始的なのですが、掃除の時はよく換気し、排気を外に向け家の中の空気を汚さないことです。あたりまえですねー

とにかく、空気を汚さないことです。

では「カビ」と「ダニ」を家の中から取り除き、アトピー性皮膚炎対策をしていきましょう

FC2スレッドテーマ : アレルギー・アトピー (ジャンル : 育児

2012/06/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: アトピー性皮膚炎のカビ、ダニ対策

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。