自称健康マニアのつぶやき ~アトピー体質改善~ 健康オタクの母親の元を巣立った途端、アトピーを発症。その後健康に目覚めアトピーを克服。子供アトピーにも対応し日々健康関連の研究は続いている。 

アトピーの症状と回復の目安

   ↑  2012/10/29 (月)  カテゴリー: アトピー性皮膚炎
自分が経験してきた中での範囲で湿疹やアトピーの治癒の目安と症状の程度がなんとなくわかります。

湿疹によっては長引くもの、比較的短期間で治るもの、それから症状がつらいもの、ストレスにならないものとかなり差がありいろんな種類があります。

湿疹といっても慢性化するとアトピーと診断されますから同じように考えてます。


自分の中で思う、程度がひどく治りも長期戦、症状もかなりつらいものがあります。

それは、広い範囲にでる(肘・膝の内側など)赤みを全体に帯びた汁がでるものです。乾燥しているときもありますが、掻くと汁が出てしまうこともあります。

これはなかなか治らない挙句、症状が本当につらいです。

猛烈な痒みが襲い、掻かずにはいられないのですが、掻くと傷になってしまう、体液はすごいでますしべトベトし、痒みが治まると痛みが残る。血も出る時もあります。

不思議ですが、寝ている時の朝方、4時~5時に痒くなることも多いです。

治ってくる兆しがこの場合、痒みが減る=汁が出なくなってくる です。

詳しくはわかりませんが、どの湿疹でも感じますが、汁と痒みは本当につながっていると思ってます。

このレベルは長期戦ですから、体質改善・生活改善と大きくとらえて治すことを考えたほうがお勧めです。

そのなかで是非エネルギーを治癒力に使いたいので、他の分野にエネルギーを酷使してしまって治癒力にまで廻らないことがないように、生活を意識的に調整します。

できる範囲からでいいのです。

たとえば、睡眠を多くとる、昼寝でカバーする、肌を酷使しないため紫外線を避ける、肌に負担になる洗剤すべて見直す、手洗いからシャンプー、衣料洗剤すべてです。化粧品をよく調べる。

食に関しても、ジャンクフードを避ける、スナックを減らす、添加物に気をつける、すぐ薬に頼らない、などちょっとしたことの積み重ねですぐの結果を求めるのではなく、将来の自分に+になると思って試してみるといいです。

シンプルなものが一番安くて安心ということが多いです。

そうしているうちに自分にとって、これは必要だとかこれは負担だというものが選別されていき、感覚的にわかるようになってきます。

理屈抜きでこれは体が求めているとか拒否しているということまでわかるときがあります。

そうなると楽ですが、(自分で調整しやすいので)そこまではいろんな試行錯誤しながらですが、一歩一歩地道にするしかありません。

次は軽めの湿疹について書きますね。




FC2スレッドテーマ : アトピー性皮膚炎 (ジャンル : 心と身体

2012/10/29 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: アトピーの症状と回復の目安

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback