自称健康マニアのつぶやき ~アトピー体質改善~ 健康オタクの母親の元を巣立った途端、アトピーを発症。その後健康に目覚めアトピーを克服。子供アトピーにも対応し日々健康関連の研究は続いている。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベジブロスで美肌へ

   ↑  2013/11/21 (木)  カテゴリー: 食事療法
今取り入れているのは 魔法の野菜だし「ベジブロス


普段料理の際、捨ててしまう、皮、根っこ、へたなどを煮出してスープをつくるという

いたって手順は簡単、誰でもすぐできるものです。

最近は丸ごと野菜や果物をとるのが望ましいといわれている。



ベジブロスもまさにそれを表すもの。


皮や根っこには病気や老化を防いでくれるミネラルとかフィトケミカルが沢山あるので

それを煮出すことにより、野菜の栄養素を丸ごととれるというわけです。

ちなみにビタミンと違って、フィトケミカルは煮ても変化しませんので出汁にしてもOK。


効能は・・・


・老化防止(アンチエイジング) 抗酸化濃度が上がります。抗酸化物質は老化を防ぎます。

・免疫力アップ

・シミ、しわの防止

・美肌効果

・抗がん対策

・料理の味がUPする


材料は・・・

・両手いっぱいの野菜の切れ端(切れ端は数日間冷蔵庫に保存し、集めるとよい)

・水(1300ml)

・酒(小さじ1)臭みを消し、うまみを引き出す

作り方は・・・

①鍋に水をはり、洗った野菜の切れ端を入れる。
201311191526000.jpg


②料理酒を加え、臭み消しにする。

③弱火で20~30分煮込む。(アクもとらないでOK)

④ざるなどで濾して完成!
201311191559000.jpg

201311191558000.jpg


これを味噌汁、だし汁、スープにカレーのお水かわりと料理に使います。

お米炊く時や煮物やおひたしにもできますが、お米は挑戦したことないです。

栄養満点の料理で、しかもいいだしがでて格段と料理の味がよくなります。


参考と注意点・・・

野菜は、たまねぎの皮や根、にんじんのへた、パセリの軸、しいたけのいしづき、

えのき茸の根、ブロッコリーの芯、ピーマン、トマトのへた、にんにくの皮、

セロリの葉、かぼちゃの種、ねぎなども使ってみました。

キャベツの芯、ブロッコリーの芯など苦味がでるので少なめに

レモンの皮とか入れたら苦味がでてしまってNGでした。

そんなに消費できない場合は、製氷皿に入れて凍らせて保存できます。

消費期限は冷蔵庫で3日、冷凍庫で一ヶ月もちます。




2013/11/21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : ブラックジンガー玄米珈琲
この前の記事 : アトピーにお勧めの洗濯洗剤

Comment

コメントを投稿する 記事: ベジブロスで美肌へ

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : ブラックジンガー玄米珈琲
この前の記事 : アトピーにお勧めの洗濯洗剤
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。