自称健康マニアのつぶやき ~アトピー体質改善~ 健康オタクの母親の元を巣立った途端、アトピーを発症。その後健康に目覚めアトピーを克服。子供アトピーにも対応し日々健康関連の研究は続いている。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アトピー治療の心得

   ↑  2017/08/30 (水)  カテゴリー: アトピー性皮膚炎
すっかりアトピー対策としての記事をあまり書いていませんでした。

ほぼアトピー症状が治ったものの、湿疹がたまにでます。

いろいろ振り替えって思うことは、まず、早期回復はないということ

気長に良いことを続けていくこと、自分に合った治療を手探りですが探し

試し、そしてその中からよいと思えたら継続していくことだと思います。

自分も7年かかりました。薬を使用したのはたったの1か月だったのに・・・・

その間に出産もしましたし、一時ひいたときもありました。

アトピーによいと思えることは色々試してきました。

その中でよかったものをブログではあげてますが、ただ・・・・

なるほどなっと思ったのは、いくらこれいい、効果があるっていわれてても

自分には効果がないことがあります。(本当に効果のない商品もありますので注意)

その場合、自分の体がそれを吸収するだけの力がないこともあるんです。

せっかくいいモノを摂り入れても身体がスルーしてしまっていたら、大変もったいないことです。

楽になりたい、早く改善されたい、よくなりたい!っていう気持ちは絶対誰もが思います。

なのでワラにもすがる思いでチャレンジすることと思います。

でもつい、いつも摂り入れることばかりに目が向かないでしょうか?

アトピーに限らずですが、出すことも大切なんです。

体に悪いものの排出ですね。じゃあどうやって排出されているのか?

もちろん、尿や便などもそうですが、汗、湿疹といった皮膚からの排出もあります。

つい、痒いし見た目も悪いので抑えたいと思いますが、皮膚からの排出は大事です。

特に夏は汗をかきやすいので排出するのには絶好の機会です。

そういう時にシャワーで済ませたり、冷えるものを摂取したりするのではなく、

しっかり汗をかいてください。汗をかくと痒くなるのでまめに水で流したりしました。

年々楽になっていきます。もちろんドバーっと湿疹がでたり滲出液がでたりします。

でも翌年はその年より少なくなります。

とにかく体に貯まった毒素をだすのが先決。そして毒素をそれ以上貯めないように

入れないように摂取するものに気を遣います。

それとどれが自分に合うかはその時によって変化するものだと思います。

もちろんずっと継続も自分が望む?欲する?ならばです。

必要とする量が減ったり多かったり、別物をとりいれたり・・・

大事なのは、自分が継続していてストレスじゃないか?

経済的な面もあります。自分の身の丈にあってるか?あってないのに

続けるのは負担になります。総合的に考えて今の自分にあったものを

すればいいと思います。

もちろん自分もこれはいいとはわかっていても、経済的な面であっさりあきらめてるものも

ありますし、逆にこれは続けたいと思うのは納得のいくまでやっています。

あの時はあれに助けれたなって思うのもありますが今はいらないっていうのもあります。

新たにこれをしてみようかなと思うのがあったり・・・

ただ闇雲に、鵜呑みにするのではなく、自分がおかしいと思うか、納得できるか

どこに魅かれるのか?たくさん考えて決めてください。

出すことがいかに大事かはこの本が参考になりました。



あ・・・でもですね。この本を読んだときはニンジンジュースをしていました。

かれこれ4年はしたかな・・・でも最近ニンジンジュースお休みしてます。

今まではこれは一生やるなんて思ってたけど、やっぱり変わるものですね。

でもまた再開するかもしれないしそれはその時の体調次第ですね。



2017/08/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: アトピー治療の心得

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。