自称健康マニアのつぶやき ~アトピー体質改善~ 健康オタクの母親の元を巣立った途端、アトピーを発症。その後健康に目覚めアトピーを克服。子供アトピーにも対応し日々健康関連の研究は続いている。 

このページの記事目次 (カテゴリー: アトピー性皮膚炎

← 前のページ  total 22 pages  次のページ →  

ルイボスティーとアトピー

   ↑  2013/06/19 (水)  カテゴリー: アトピー性皮膚炎
最近家族の健康のためにOSK 有機ルイボスティーを飲んでいます。



ルイボスティーの効能は本当に沢山ある優れものです。

ざっと簡単にあげますと・・・

美容においては、しわ、しみ、そばかす、老化防止
さらに不妊やアレルギー、便秘、体臭、二日酔いにも効果があります。



でもここではアトピーとの関連でちょっと詳しく・・・



アレルギーの対処としては

・免疫のバランス調整
・腸内環境を整える
・酵素の補給
・抗酸化物質による活性酸素の除去
・食生活の改善

が大切ですが、ルイボスティーに含まれる抗酸化物質・ミネラルを摂取することによりこれらを補うことができます。

鉄分、亜鉛、マンガン、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルが、バランス良くたっぷりと含まれています。
体の新陳代謝に不可欠な鉄分、カリウム、銅。
健康的な肌を作る亜鉛。
健全な神経システムに必要であるマグネシウム。
強い歯と骨を作るのに毎日必要なカルシウム、マンガンも含まれています。

ルイボスティーの重要な効能として、脂肪の酸化を抑える作用(=抗酸化作用)と、活性酸素を取り除く(=活性酸素除去作用)があります。

さらに、飲むだけでなく「ルイボス風呂」(ティーパックを浴槽に浮かべる)への入浴もアトピーや皮膚疾患には効果があるそうです。

そして、注意点はルイボスティーにも日本茶のように等級があるのです。

ルイボスティーの茶葉は湿気に弱い為、湿度の高い日本で長期間(4~5年間)貯蔵すると質が悪くなり、最も大切な抗酸化作用、 活性酸素除去作用が低下してしまいます。

古いルイボスティーだとお茶の色は薄くしか出ません。つまり含まれる成分が少なくなったことを意味します。

ルイボスティー茶葉の新しさは、ティーパックに詰めた年月ではなく、輸入年月で決まるということです。

といってもそこまでわかりませんよね。

ですから有機栽培、オーガニック、最高等級のルイボスティーを選びが重要です。

そうでないとせっかくの効能が台無しです。

もう一つのポイントは、いいルイボスティーは味にくせがなくおいしいです。普通のは味にくせがあります。


我が家は麦茶・緑茶かわりにこれを毎日飲んでます。

2013/06/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アトピー回復

   ↑  2013/02/18 (月)  カテゴリー: アトピー性皮膚炎
先月まさかのアトピーの再発で焦りましたが、一ヶ月たって回復してきてきれいになってきました。

温泉後パーッと腹・背中とでてしまい、痒かったです。

ぶつぶつもいっぱい出ましたし・・・


そんな時はいつも以上に水分摂取に気をつけたり、食べ物も体に負担とならない和食を多めにし、風呂では洗い過ぎないためにも、あとぴナビの製品のゼロウォッシュにお世話になりました。

本当は子供のためにと思ってたのが、自分に大変助かりました。

あんまりかさついて痒い時は、やはりあとぴナビのAPクリームやAPローションを塗って乾燥を防ぎよかったです。

今は痒みもほとんどなく、ぶつぶつも減り、治ってきてます。


あとぴナビの無料雑誌の今月号は冷え知らず入浴法というテーマでした。

寒いからと言って夫君がどうしても風呂の温度を上げるんです。もちろん一番にはいってもらい温度が下がるようにしてますが、本当にあったまっているわけではないんですね。

熱いお湯は、表面的にはあったまりますが、内部まで、芯まであったまらないとアトピー改善に役立たないので、意味がないんですよね。

そんなことも意識して改善にはかり風呂の温度や入り方もいつもより気をつけました。

これからは、花粉症の季節ですね。

アレルギーも反応しやすくなります。

夫君の鼻水と子供の目の痒みが心配です。

FC2スレッドテーマ : アトピー性皮膚炎 (ジャンル : 心と身体

2013/02/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

まさかのアトピー再発

   ↑  2013/02/01 (金)  カテゴリー: アトピー性皮膚炎
自分でもちょっと驚いています。

アトピーに悩まされず7年ほどたちましたが、まさかのアトピー再発です。

思い当たることは・・・・特にないんです

ただ、きかっけになったのは温泉ですね。

1泊2日の旅行で温泉に2日間はいりました。

帰ってきて次の日、パーっとでたんです。

出たのは、これまでアトピーとは無縁だったところ、そう、今まで出てなかったところにです。

驚きましたし、ちょっと不安にもなりましたが、まだ自分にも悪いものが体内に残っていたんだと思うようにして
この際出し切ろうと思っています。

幸い、汁はでていないので強烈な痒みとかはないのですが、赤いプツプツが毛穴全体に・・・

とにかく、服を脱ぐと痒くなるのです。

朝起きて、着替えるとかゆい、外出から着替えて痒い、お風呂、就寝時などそして、トイレでもとにかく空気に触れるからか衣服とすれるからなのか痒くなります。

でも睡眠が妨げられることもなく、見えないところなのでこのまま頑張って治ればいいナと思ってます。

思い当たることはないのですが、女性は7年周期、男性は8年周期で体調の変化がおとずれるといいますが、これにひっかかるんです。

最初のアトピー発症もちょうど7年周期でした。

友人も今まで長年使用していた化粧品が急にヒリヒリしてあわなくなった・・・といいかしげてましたが、友人も7年周期にあたるのです。

一理あるとおもって、アトピー対処していきます。

FC2スレッドテーマ : アトピー性皮膚炎 (ジャンル : 心と身体

2013/02/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

乾燥肌にAPクリーム

   ↑  2013/01/11 (金)  カテゴリー: アトピー性皮膚炎
ちび子はアトピーではないが、耳の後ろがかさつくことがあるので、かさつきに万能なAPクリームを塗りました。

最近はそんなにクリームをつけることがあまりないので大容量ではなく旅行用にも最適なミニサイズAPクリーム

こちらをもたせたところ、愛用してます。
201301100934000.jpg


クリーム自体は真っ白な驚くほど軽いクリームです。

201301100935000.jpg

つけ心地は、べたつかずサラッとしていて、伸びるし、何度もいいますが、とても軽いです。

なのに、保湿力は高く、しっとり長くキープしてくれます。肌を保護している感じもします。

これを使って、使い心地がデューモイストスキンクリームと似ているなーと思いました。

こちらは色素沈着などが気になる方に適しているクリームですが、APクリームのほうが保水、保湿、保護の3つがバランスよく行なえる万能タイプでデューモイストスキンクリームより、保湿が優れているみたいです。



耳のかさつきもすぐよくなりましたし、ちょっとした手のかさつきから、全身の幅広く塗るときにも伸びるので大変使いやすくAPローションと共に愛用品です。

使用して痒くなったり、肌に合わなかったことはなく、安心して使えます。

APシリーズの大ファンです。

FC2スレッドテーマ : アトピー性皮膚炎 (ジャンル : 心と身体

2013/01/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

顔の乾燥対策

   ↑  2013/01/05 (土)  カテゴリー: アトピー性皮膚炎
家にいるとき最近はまっているパックの仕方があります。

いろいろ調べたが、パックをただするのではなく、毛穴をあけ、パックの栄養をできるだけ吸収し最大限利用したい。

有効なのはホットタオル、蒸しタオル。簡単にできます。

タオルをぬらし、電子レンジ強1分で、あつあつのホットタオル完成です。

いろんな手順があるようですが、私はまず洗顔後、ホットタオルで蒸し、顔の毛穴を開く。

そして開いている状態のうちにパックを塗る。使用しているのはCACエヴィデンス スーパーパックコルニューム

これをたっぷり塗り放置しておきます。長ければ長いほどいいので、外出したり人と合わない時がお勧めです。

保湿が足りていないとすぐに乾きからからになりますが、保湿が行き届いていると乾燥する時間もかかります。

そして、落としたいなと思うときにまたホットタオルをあてて、最後の最後にまた毛穴を開く感覚でします。

すぐに冷水で洗い流すと同時にきゅっと毛穴を閉めます。

その後たっぷりと化粧水をしてください。

驚く効果がでますよ。

今までの普通にパックするより断然保湿感が違いますし、化粧のりもよくなります。

思っているより、顔って乾燥していることが多いのでやってみてください。




FC2スレッドテーマ : アトピー性皮膚炎 (ジャンル : 心と身体

2013/01/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |